アクセスの多い株ブログは?

株上昇とオーダーが増えているエムフェイス投資

現在、株取引においてエムフェイス投資が注目を集めています。
エムフェイス投資とはマレーシアに存在している大企業が設立した事業の子会社が次期フェイスブックを目標にし2011年に運営を始めた世界規模のソーシャルネットワーキングサービスです。
こうした注目度の高さから株のオーダーが止まらないといった状況が続いています。
このようにエムフェイス投資が注目を集めているのは会員数にあります。
エムフェイス投資は世界の16カ国で利用されており、会員数は3500万人にもなります。
一方フェイスブックは2年で1200万人でしたので、伸び率を見るとエムフェイス投資の方が成長率が高いのです。
日本国内でみるとミクシィが全期間で1300万人で、グリーが2900万人そしてモバゲーが4000万人となっています。
これらのソーシャルネットワーキングサービスは全て株式を上場しており数億円もしくは数千億円もの売上を出していますがエムフェイス投資の3500万人という規模は凄まじいものがありますし、何よりも世界規模という点が無限の成長率を感じさせるポイントです。
そのため、世界各国からオーダーが続いているのです。
会員数の伸びしろをはじめ世界規模であるという点から、今後更なる本格的な成長期に入るということは確実視されています。
今後、数年以内にはナスダックに上場することも検討しているようなので株取引を行っている投資家にとってはとても魅力度の高い案件であると言えるでしょう。
そして、今後発展途上国を中心にさらに普及するであろうスマートフォンによりますますオーダーが活発になりエムフェイス投資の株は人気が高まり、株価が上昇していくことは間違いありません。